この健康食品があなたを救う!健康アドバイス!

この健康食品があなたを救う!健康アドバイス

栄養,健康,赤血球,葉酸,予防,コラーゲン

 

 

 

 

 

 

 

「葉酸(ようさん) 」

 

 

赤血球の寿命は約120日で、脾臓で分解されて、骨髄で造られているのですが、

 

 

正常な赤血球を維時するためには、葉酸が必要なのです。

 

 

その葉酸が不足してくると、「貧血」になったり、

 

 

「口内炎や舌炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、また「食欲不振や下痢の原因」にもなります。

 

 

また、「血栓」や「動脈硬化」、「狭心症」や「心筋梗塞」、そして「脳卒中」の発症リスクも高まるのです。

 

 

この他にも、葉酸は「がん」の前段階から「がん」への移行を防いで、

 

 

「大腸がん」や「喉頭がん」などの予防作用もあるので、

 

 

葉酸が不足すると、「発がん」のリスクも高まるのです。

 

 

お肌にはコラーゲンが最適

 

 

体の約20%はたんぱく質でできており、

 

 

その約3分の1がコラーゲンで作られています。

 

 

コラーゲンは、「皮膚」「血管」「骨」「軟骨」など、

 

 

体を形作るたんぱく質の一種で、

 

 

「肌のハリ」や「柔軟性」はコラーゲンによって保たれているのです。

 

 

コラーゲンは、皮膚の深層部である真皮(しんぴ) の約70〜80%を占めているのですが、高齢化にともなって減っていきます。

 

 

栄養,健康,赤血球,葉酸,予防,コラーゲン

コラーゲンが減ると、コラーゲンで支えられていた優れた保水性を持つ「ヒアルロン酸」も一緒に減少してしまい、

 

 

50才代以降では急激に減っていくため、皮膚の「しわ」「たるみ」の原因となってしまうのです。

 

 

そして、コラーゲンの生成能力も20才代に比べると50才〜60才代では、約30%以下に減少してしまうので、

 

 

食事やサプリで外からうまく摂ることが大切になってきます。

 

 

「エラスチン」って?

 

 

エラスチンは強力な弾力性をもっていて、コラーゲンを支えたり、

 

 

肌の柔軟性や弾力性を維持したり、ハリを与える働きもあります。

 

 

皮膚の奥深くの真皮や靱帯や血管組織などの柔軟性が必要な器官にあって、

 

 

「コラーゲン」とほとんど同じ場所に存在しています。

 

 

栄養,健康,赤血球,葉酸,予防,コラーゲン

そのため、エラスチンが不足するとコラーゲンの弾力性も衰えてしまうので、

 

 

皮膚に柔軟性がなくなり、皮膚が垂れ下がってしまう原因になります。

 

 

また、エラスチンは加齢と共に減っていきます。

 

 

コラーゲンやエラスチンを作る能力は、20才前後をピークにしてじょじょに減っていき

 

 

40才を過ぎたら20才のころと比べて、約半分までに低下してしまいます。

 

 

そして、特に女性は、ホルモンが減少する閉経後に、肌の老化が加速していってしまいます。

 

 

また、コラーゲンやエラスチンは、ストレスや紫外線によっても影響を受けます。

 

 

特に紫外線の「UV-A」は、コラーゲンやエラスチンを変性させ皮膚の老化を加速させますので、

 

 

日光浴のしすぎや、過度のストレスには、十分ご注意ください。

 

 

エラスチンを含む食品としては、「軟骨、手羽先、牛すじ、煮魚」などがありますが、

 

 

食べる機会が少ないときには、サプリで補充されることをお勧めします。


2015/11/19 12:03:19 |
αリポ酸は、体を生成する約60兆個もの細胞の中に存在していて、生命活動に必要なエネルギーをつくり出すためには、絶対に必要不可欠な成分なのです。αリポ酸は、活性酸素から細胞を守ってくれたり、疲労感や肌の衰えなどの老化現象を軽減させてくれるので、健康で若々しい体と肌を保ちます。活性酸素は「ストレス・紫外線・喫煙」などで増えるのですが、中でも現代社会での大敵である「ストレス」によって発生する活性酸素の量というのは非常に多いのです。このストレス社会に生きる現代人は、活性酸素によるダメージを多く受けてしまうので、αリポ酸はそんな方の味方になります。αリポ酸は、加齢とともに体内で作られる量が減っていくので...
2015/11/19 11:56:19 |
シトルリンはアミノ酸の一種で、「疲労回復・精力増進・筋肉増強」その他さまざまな効果効能が期待できる栄養素です。シトルリンは医薬品として認可されていて、日本では「コエンザイムQ10」「Lカルニチン」「 α(あるふぁ) −リポ酸」の次に、厚生労働省に、サプリメントや食品として使用することが認められた4つ目の成分なのです。シトルリンは、血管を広げて、血液の循環をスムーズに流れさせる効果があります。また、血管を若返らせて「動脈硬化や脳梗塞」などを予防します。体の細部にまで「酸素や栄養」を届けてくれるので、「新陳代謝の活性化」「筋力強化」「冷え性改善」「美肌」「くすみ」「むくみ」「体質改善」などたくさん...
2015/11/19 11:53:19 |
皮膚の潤いやハリは、「コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン」によって保たれています。特に「ヒアルロン酸」は1gで6リットルと、保水力がとても高く、目や肌の潤いを保ったり、関節の潤滑油としてなめらかな動きを保ったりしています。そして、ヒアルロン酸は、「ドライアイの予防や治療」の点眼薬としても利用されているのです。「うなぎ、すっぽん、ふかひれ、魚の目、豚足」などには、ヒアルロン酸が多く含まれていて、「ドライアイ・乾燥肌・肌荒れ・関節炎・関節痛」の症状を改善するのに、絶対に欠かせない栄養素なのです。ですが、あまり摂れなかったときには、サプリで補うことも大切です。「セラミド」セラミドは、皮膚から水分が...